生命の誕生から動物・植物への分化

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数1,682
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「生命の誕生から動物・植物への分化、および進化について述べよ。」
     地球が誕生したのは約46億年前であると推定されている。ここでは、地球にどのような変化があり、生命が誕生及び進化していったのかを以下のように述べる。
    1. 生命体とは、遺伝子情報を持ち、その遺伝子情報を自ら複製し増殖させる能力を持つもののことである。地球に最初の生命が誕生したとされるのは今から約38億年前の海の中である。この頃から現在にいたるまで生物の基本的構造は変わっておらず、植物のように自分で有機物を合成することが可能な生物を「独立栄養生物」、動物のように有機物を体内に取り込んで利用する生物を「従属栄養生物」と呼んでいる。従属栄養生物は独立栄養生物が合成した有機物を食料とするため、単独では生き抜くことは不可能である。しかし、この地球上には独立栄養生物よりも先に従属栄養生物が誕生したとされている。これは確かな確証をもって認められているものではないが、アメリカの化学者であるミラーが1951年に有機物合成を完成させたときに使用された装置に近い構造を持つものがあると最近の研究から明らかになり、生命の誕生につながるのでは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。