小学校社会科の授業改善の視点について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数673
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「小学校社会科の授業改善の視点について、小学校指導要領(社会編)を根拠にしながら具体的に述べよ。」
     社会における児童及び生徒の周囲環境は年々変化しており、学力低下やいじめ問題・不登校問題・自殺問題などから教育に関する課題も増加の傾向を見せている。
     これを受け、1996年7月に中央教育審議会では「ゆとり」と「生きる力」をキーワードとする提言がなされた。これに伴い、横断的かつ総合的指導を推進する総合的学習の時間の創設と完全週5日制の導入が成されたのである。また、1998年7月に教育課程審議会では完全週5日制のもと、「ゆとり」の中で「特色ある教育」を展開し、児童及び生徒に「生きる力」を指導・育成する教育を実施することを基本のねらいとした4つの提言をした。
     1998年に改訂された学習指導要領のねらいはそれぞれ、「豊かな人間性や社会性、国際社会に生きる日本人としての自覚を育成する」、「自ら学び、自ら考える力を育成する」「ゆとりのある教育活動を展開する中で、基礎・基本の確実な定着を図り、個性を生かす教育を充実させる」「各学校が創意工夫を生かし特色ある教育、特色ある学校づくりを推進する」の4点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。