社会福祉援助の技術と援助過程について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数498
ダウンロード数56
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「社会福祉援助の技術と援助過程について」
     社会福祉援助技術(ケースワーク)は高齢者や障害者など普段の生活が困難な人々の求めているニーズに応え、協力して解決法を探り、援助するための専門的な技術である。  その技術には大きく枠組みをつけると直接援助技術と間接援助技術があり、直線援助技術には個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)が存在する。個別援助技術は主に面接を通して行われる。基本は援助者(ケースワーカー)とクライエント(利用者)の二人以上で行われ、集団援助技術はグループを形成して行われる。ここでは、社会福祉援助技術と共に展開過程を以下のように述べる。
     直接援助技術は、利用者自身への直接的な支援方法からなる個別援助技術と集団援助技術という2つの伝統的援助技術から構成されている。その内容は次のようになる。
    1. 個別援助技術とは、利用者がケースワーカーのいる機関をたずねるまたは訪問を受けるなどして個別に援助を受ける過程である。援助過程にはさまざまな例があるが、ここでは対人関係を基本とし、インテーク(受理)・調査・アセスメント(事前評価)・介入の4段階によって展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。