自分及び周囲に見られる日本語の表現や理解に関する疑問点

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数530
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「自分及び周囲に見られる日本語の表現や理解に関する疑問点、問題点を見つけ、その類例を集めると共にその原因と解決法について自分なりの見解を述べる。」
     
    現代社会において、言葉は日々変化している。しかし、「綺麗な日本語」「汚い日本語」の境界線が曖昧に張られている現代では、どの言葉が正しい使い方でどの言葉が間違った使い方をされているのかもよく分からないのが現状である。本稿ではそうした現代の日本語への疑問や問題を集めると共にその原因および解決法について述べることとする。
    1. 日本語を扱う人々の思考
     現代社会において日本語を扱う人々とは、大きく分類して3タイプに分けられる。まず40代以降の壮年・高齢者層、次に30代以前の青年・若者層、最後に日本に来て初めて日本語を学んだ外国人、である。このうち、40代以降の人々は昭和初期や戦後直後に誕生した人間が多く、それまでに用いられていた日本語のあるべき姿を基本的に持っているといえる。また、外国人層は日本語学校や留学などにより学んだ後に来日することが多く、訛りや発音方法の違いはあっても概ね40代以降の人々と変わらない日本語を使いこなすといえる。し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。