児童が社会的事象に興味・関心をもち

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数784
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

      「社会的事象に興味・関心をもって取り組み、確かな学力を身に付ける社会科授業の在り方について」
    現代社会では、わが国のみならず諸外国に目を向けられる人間、またわが国の歴史を知り愛情を持てる人間の育成が求められている。それを育成するのは、小学校学習における社会科であり、重要な意味を持つ学習といえる。ここでは、小学校学習における社会科の授業について以下のように述べる。
    1.小学校社会科の目標 小学校教育課程における社会科の役割及び目的は、小学校学習指導要領の社会科の目標において、「社会生活においての理解を図り、わが国の国土と歴史に対する理解と愛情を育て、国際社会に生きる民主的、平和的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」、として示されている。
    これは平成10年に公表された学習指導要領の内容であるが、平成20年に公表された学習指導要領においても、ほぼ同様のものが使用されている。
    小学校社会科の目標において「理解と愛情を育て」までの部分は、小学校における社会科のねらいを示しており、地域社会内において子どもが普段目にしている人々の生活体型やその特色、またわが国の国土と歴史に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。