現代社会における議会制民主主義について述べよ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数710
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「現代社会における議会制民主主義について述べよ。」
     現代社会における議会制は民主主義とは深く関係しており、国家の主権が国民にあるとする民主主義の思想において欠かせないものである。これについて以下のように述べる。
     国家の権力は近代において3つの支配体制が取られていた。天皇制や君主制のように、支配者の権力が国家にいて歴史的伝統を持っていたためにそれに対する信頼感から正当性が持たれていた「伝統的支配」、特定の個人の超人的及び天才的能力、理想的模範性などに対する畏敬の念から服従の基盤が作られていた「カリスマ的支配」、そして現代における民主主義の根本である法によって政治を行う「合法的支配」である。この中で民主制の根本となる合法的支配は、現代のように議会による政治が行われており、現代民主主義の基盤であるといえる。現代民主主義の思想は社会契約説として、中世の思想家であるホッブズ・ロック・ルソーによってそれぞれ提唱されていたが、その思想はそれぞれ異なるものであった。ここでは、その思想をそれぞれあげるとともに、現代民主主義の基本思想であるモンテスキューの思想について述べる。
     ホッブズによる社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。