音楽の指導に必要な基本事項について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数291
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「音楽の指導に必要な基本事項について」
                                
     子どもの成長速度は、大人の成長速度に比べるとはるかに早く、子どもの成長を良い方向に導くためには保育者である大人の援助が必要不可欠である。ここでは、子どもの発達に伴う音楽活動のさまざまな手段とそれに対する保育者の援助方法を、幼稚園児対象と仮定し考えてみる。
    音楽活動の手段と方法
    はじめに、3歳児を対象とし考えてみる。この時期の特徴として、心身の発達が目覚しくなるとともに、幼児語は残るものの言葉と思考が結びつくようになってくることがあげられる。また、それに伴い運動機能も向上し複雑な動作をすることも可能となってくる。これにより、簡単な歌であれば始めから終わりまで通して歌えるようになり、グループによる合唱や遊びの場における呼びかけ、擬声などを用いた言葉遊びもできるようになる。その結果、音楽活動に対する関心や意欲が芽生えるといえる。
    次に、4歳児を対象とし考えてみる。この時期においては、3歳時期に比べ更に発達が進むとともに、音楽活動に必要となる能力も大幅に発達してくるようになる。これにより、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。