法の解釈について、具体例を挙げながら論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,640
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意味を明確にすることである。この法解釈について論及する意義は何か。それは、実定法に含まれている法規範の意味を明確にすることにある。これを論及することで、法の意味することを理解することができるのである。以下法解釈について、具体事例を挙げながら論じていく。
     本来、法の規定はすべて解釈を予定して書かれている。そのため、法は抽象的なものであり、社会規範としてその意味を明確にするためには、具体事例に当てはめ運用していかなければならない。しかし、我々の社会生活、そしてそこから生起する社会的出来事は、複雑にして移り変わりも激しいため、社会の進展に沿って法律を変えていったとしても、法規の予想しない出来事があったり、なによりその取り扱いと解決をすることが困難になる。そのため、幾度も法律を変えるよりも、法律の条文は抽象的な規定にとどめ、あとは、個々の具体的事件が生じたときに、解釈によって条文の中に表現されている法としての規範的意味を導き出すほうが、はるかに実際に即した処置であるといえる。ここで、法の解釈の意義が主張される。
     前述したとおり、法解釈は現行の法規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。