2008年の人権問題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,091
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人権社会問題携帯電話労働若者ネット契約雇用

    代表キーワード

    社会

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権と社会レポート{課題2}
    2008年の人権問題 『ネットカフェ難民について』
    2008年の人権問題の中で、大きく取り上げられたネットカフェ難民について考える。
    ネットカフェ難民とは、これまで過ごしていた自宅(実家やアパート)や寮を諸般の事情で退去して、24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶で夜を明かし、日雇い派遣労働などで生活を維持している者を指す。しかしネットカフェ難民とは、いわゆる俗語であり、言葉の定義はあってないようなものである。
    ネットカフェ難民が、大きく取り上げられたのは、2007年前後から首都圏で増加していたワンコールワーカーに従事する若者を紹介したドキュメンタリーがきっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。