授業を受けて自分が関心を持ったのは

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数719
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    私が授業で関心を持ったのは宗教同士で対立している点です。ユダヤ教・キリスト教・イスラームでなぜ対立するのか。この3つは一神教で、一神教の宗教は世界でこの3つしかない。ユダヤ教もキリスト教もイスラームも原点は旧約聖書で同じはず。ユダヤ教からキリスト教が生まれて、そのあとでイスラームが生まれた。だから共通する部分が多くて、私は知れば知るほどなぜ共存できないのか不思議で仕方がない。
     そもそも宗教とは何なのか。インターネットで調べたら、「宗教とは一般に、神・超越的存在・聖なるものなどについての信念や信仰、信念や信仰と結びついた個人の態度・活動・制度・信者の形成する社会などをあらわす」と書いてあった。神に対しての信仰というのが誰に聞いても宗教のイメージだと思う。日本では、「どの宗教を信仰していますか?」と聞かれても無宗教と答える人が多いと思う。私もそうだ。しかし、無宗教と答えるのにはわけがあると思う。クリスマスをしたと思えば元旦に初もうでに出かけたり、結婚式をキリスト教式でやっていると思えば大安とか気にしていたり、よく言われるがいろんな宗教行事なり文化なりがごちゃ混ぜにある。こんな日本に住んで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。