日本は甘えのある社会である

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数427
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    西修の憲法論の特徴は9条の解釈、自衛隊、憲法の成立、天皇の継承などがある。
    9条は制定者の意思が十分に解明されていない点が多く解釈が複数存在することになってしまった。①全戦全戦力放棄説2戦争違憲自衛行動合憲説3自衛戦争自衛戦力合憲説4政府の説5政治的規範説6憲法変遷説がある。自衛権は個別的自衛権と集団的自衛権がある。そこでの大きな問題は政府の解釈である。政府の解釈は、集団的自衛権は保有しているが、行使は出来ないというものだ。なぜなら日本は専守防衛をとっているからである。私は全戦全戦力放棄説を支持する。中途半端に自衛の戦力を持ったりすると自衛のためなどと言って武力行使することもできるし、あれこれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。