『センポスギハアラ』論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数201
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )


    劇団銅鑼様
                            

     先日は近来にない素晴らしい演技を見せていただき(都合5回不覚の涙を流しました)
    ありがとうございました。観劇後何人かの先生方と話し合い、劇評の範疇に入るほどおお
    げさなものではありませんが、貴作品を初めて鑑賞した10年前の演出と比較などして、
    何点か感想めいたことを順不同に書いてみます。演劇にはズブの素人の手前勝手な世迷い
    言として寛大に軽く一蹴笑殺していただければ幸いです。
    1.ラストは前に比べて劇的に変わりましたね。何回かの公演を経た上で出した暫定的な
    結論があの形なんでしょうが、私は(初演当時の好印象が強すぎたのか)センポを舞台に
    出すのは感心しません。ひとつには幕切れに相応しくない歯切れの悪さを感じたからです
    。以前みたいにすぱっと終わったほうが暗示的だし余韻があって良かったのではないでし
    ょうか。生徒の中にはまだこれから話が続くのかと勘違いした者もいました。あの命のビ
    ザは客席に座っている観客の向けてばっと開いて見せてこそ優れた劇的効果(あなたなら
    センポになれますかと言わんばか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。