『破戒』と『それから』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数332
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 『破戒』と『それから』    
     「破戒」
     まるで出来のいい推理小説を連想させる巧みな構成に驚いた。冒頭で丑松の命運を左右
    する重要なエピソードが二つ語られる。まず丑松は大日向の「せいで」転宿を余儀なくさ
    れる。新平民という大日向の身分が発覚したために二人とも下宿を出ることになる。とこ
    ろがこの迷惑このうえない大日向の「おかげで」丑松は彼とともに(「放逐の恥辱が非常
    な奮発心を起こさせた動機となって」というやや作者のご都合主義的なこじつけには無理
    があるとしても)日本を出てアメリカのテキサスの移住することになるのである(「テキ
    サス」を選んだ作者の意図はいかがなものか。当時の日本だったらたとえ行く先がアメリ
    カであってもカリフォルニア辺りではないだろうか。それにテキサスは農業よりも牧畜が
    盛んだったはずである。新平民の丑松が渡米先でもそれらしい職業に従事するのは不都合
    だと作者が判断した結果であろうか)。
     もうひとつは第十八章で準教員が「瀬川君に穢多の話を持掛けると、必ず話頭を他へ転
    して了ふ」と鋭く見抜いている丑松特有の、素性を隠そうとするおどおどした不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。