深読み芥川龍之介(3)「蜜柑」論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,050
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    深読み芥川龍之介(3)「蜜柑」論
    -その技巧的側面についての一考察-
                    
     
     菊池寛は芸術作品における内容的価値と形式的価値の厄介な優劣問題について、当時の文壇の芸術至上主義者たちを相手に、「文芸作品の内容的価値」と題する評論で以下のような提言をしている。
     ある作品を読んで、うまいうまいと思いながら、心を打たれない。他の作品を読んでまずいまずいと思いながら、心を打たれる。ある作品を読んで、よく描けていると思いながら、心を打たれない。他の作品を読んで、ちっとも描けていないと思いながら心を打たれる。この二つの場合を、誰でも経験していると思う。文壇有数の名家の作品を読んで、うまいと感心する。が、心は動かない。投書家程度の人の書いたまずい短編を読んで、つい心を打たれることがある。
     こんな場合を、どんなに説明したらよいか。芸術作品としては、前者が勝っていること万々であると思いながら、さて心を動かされるのは、後者であるとしたならば、後者の持っているものは、何であろうか。ある人は、後者には尊い実感が書いてあるからと云かも知れない。他の人は、後者には得難い体験が書い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。