国語科指導案・村上春樹「沈黙」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,583
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

          「国語科教材論」「国語科教育法」共通課題
          課題レポート:村上春樹「沈黙」を読み解く
     
     
    対象となる学習者  高校二年生
    学習教材選択の理由 
    私は高校生のときに、教科書に載っていた村上春樹の「七番目の男」を読んで村上春樹の作品に興味を持ち、自分から進んで読書するきっかけになった。作者の短編は言葉もわかりやすく読みやすいが、現代語の乱れがなく、難解なイメージのある村上春樹を読み出すきっかけとして最適と思われる。内容も高校生の話が主なので親しみやすい。また、昨今事件の絶えないいじめにも関わってくるが、単なる道徳教材ではないので、生徒が文学的な目線を通して、新たな角度から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。