理科教育法Ⅱ・理科概論リポートセット(理科概論はC評価です)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数806
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <理科教育法Ⅱ>
    『(1)子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。』
    地域の自然を教材化する必要性について
     理科は、子供が自然に働きかけて自然から様々な情報を受け取って自然を認識していくことによって、広く人間形成を図っていく教科である。よって、「自然は自然から学ばなければならない」という表記は理科教育においては大前提である。
    しかしながら、日本は地域によって気候や自然環境の性質などが異なるにもかかわらず、教材や学習内容が画一化されていることや、社会や環境の変化に伴い人工物や加工された自然を介して理科学習を行ってきたために、自然から学ぶことという理科教育の前提条件が崩壊しつつあった。そうゆう背景もあり、「総合的な学習の時間」が新たに創設されて以後、地域学習の重要性が認識されるようになり、理科教育においても、身近な地域の自然を教材化する実践が行われ、数多くの成果が報告されるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <理科教育法Ⅱ>
    『(1)子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。』
    地域の自然を教材化する必要性について
     理科は、子供が自然に働きかけて自然から様々な情報を受け取って自然を認識していくことによって、広く人間形成を図っていく教科である。よって、「自然は自然から学ばなければならない」という表記は理科教育においては大前提である。
    しかしながら、日本は地域によって気候や自然環境の性質などが異なるにもかかわらず、教材や学習内容が画一化されていることや、社会や環境の変化に伴い人工物や加工された自然を介して理科学習を行ってきたために、自然から学ぶことという理科教育の前提条件が崩壊しつつあった。そうゆう背景もあり、「総合的な学習の時間」が新たに創設されて以後、地域学習の重要性が認識されるようになり、理科教育においても、身近な地域の自然を教材化する実践が行われ、数多くの成果が報告されるようになった。
    では、何故地域の自然を教材化する必要があるのであろうか。本リ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。