生活科概論リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数597
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践についての学習指導案を作成せよ』
    生活科における「子どもの遊びの中から生まれる実践」についての考察
     1992年度から小学校低学年(第1,2学年)の社会科と理科が廃止され、生活科が新設された。生活科は教室内で教科書中心の学習といった従来の学習方法とは異なり、ある事物を観察する・育てる・調べる・探すといった学校内外での体験学習的な学習方法を採用し、教科内に「遊び」の要素を初めて取り入れた画期的な教科である。では何故、生活科は教科内に「遊び」の要素を取り入れたのか、「遊び」により子供達に何を学ばせようと意図しているのかを学習指導要領における生活科の目標を踏まえ考察していくことにする。
     小学校学習指導要領における生活科の教育目標は「具体的な活動や体験を通じて、自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心を持ち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」ことにある。
    上記からも伺えるように生活科における究極的な教科目標は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。