教育相談の研究リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数339
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい』
     「学校カウンセリング」は近年において生徒児童の不登校やいじめによる自殺が増加傾向にあり、またナイフを使った暴力事件といった深刻な問題行動が起こっている学校現場に対応するために最近、特にその重要性が増加している。
     従来上記のような問題は教育の専門家である教師が全て担当してきたのであるが、教科指導や成績評価など他の仕事を抱え多忙を極める教師の代わりにカウンセリングの専門家である「スクールカウンセラー」を学校内に配置することにより教師の代わりに生徒児童の悩み・相談等を聞き、それに伴って生徒児童の問題行動を軽減することが今日における「学校カウンセリング」の狙いとなっている(教師自身がカウンセラー的役割を果たす場合もある)。本リポートにおいて学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について順に考察していくことにする。
     学校カウンセリングについて考察していく上で、まず「スクールカウンセラー(以後SCと表記する)」について考察することが必要不可欠となってくる。SCは1997年度よりスタートした文部省(当時)の「スクール..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。