体育概論I リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数432
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ』
     学校現場において生徒児童に対して安全能力(危険予知能力を含む)を身に付けさせるように教育することが以前より重要となってきている。特に近年、日本社会において、以前は国民が当たり前のようにとらえていた「治安大国」「安全はタダ」という概念が崩壊しつつある中、安全について国民一人ひとりが再考すべき時代に到来しているのである。生徒児童に対して安全能力を習得させる教育を安全教育と呼ぶが、安全教育を行う上で体育の果たす役割は大きい。よって、本リポートにおいて安全教育と体育の関連性について考察していくことにする。
     安全は教育というより、人間存在の基盤をなる要件である。学校教育において安全が確保・保証されない限り、どのような教育的営みも実効をみないため、生徒児童における安全能力の教育活動は学校全体で取り組むべきものである。そのことは「2008年度 小学校学習指導要領 総則1-3」において「学校における体育・健康に関する指導は,児童の発達の段階を考慮して,学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。特に,学校における食育の推進並びに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。