教育社会学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数493
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
     日本の世間一般において、あまり良いイメージをもって語られることのない学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と定義されている1)。すなわち、一部の大学出身者が高位な社会的地位(医師、弁護士、高級官僚、政治家、企業管理職など)を独占あるいは寡占する社会のことを指す。バブル経済崩壊以降、「終身雇用システム」が崩壊し、一流大学を卒業し、一流会社に就職したものがリストラや倒産で職を失う憂き目に会い、学歴社会の前提条件が崩壊しつつある。さらに一流大学を出た社会的地位が高位である人物が汚職・セクハラなどで職を追われるケースも多々みられることから、学業成績の良し悪しのみで人物を判断し、社会的地位に就かせて良いのかどうかという議論も巻き起こりつつある。日本社会において話題に上ることが多い学歴社会問題に関して、上記の点を踏まえ日本における学歴社会成立の歴史的背景、現状とその問題点などについて考察していくことにする。
     日本における学歴社会の成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。