教育原論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数410
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ』
     ジョン・ロック(1634~1704)は17世紀に活躍したイギリスの哲学者・社会思想家である。彼は一般にイギリスの経験主義を代表する哲学者として、または近代デモクラシーの理論(専制主義への反対、抵抗権・革命権、三権分立・信教の自由の主張など)を樹立した政治学者として知られているが、教育思想家としての側面は専門家以外あまり知られていない。しかしながら、教育の問題は彼の心において常に大きな比重を占めていた。では、ジョン・ロックの教育論は一体どのようなものなのであろうか。
     まず彼は「経験主義」的な視点から教育を論じていたことに着目しなければならない。すなわち、ロックは人間は生まれた時から既に心に「善」の観念だとか、「神」の観念だとかが植え付けられているとする「生得観念」を真っ向から否定し、「人間は先験的な知覚を有さない状態で産まれてくる」(タブラ・ラサ)という経験主義的な主張をしている。つまり、ロックは人間は外部から観念や知識を詰め込むことによって、いくらでも恣意的に人間を形成できると説いている。このことからロッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。