教育原論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数453
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(1746~1827)は18,19世紀に活躍したスイスの教育思想家であり教育実践家である。「ああ,すでに長い間ただ一筋に,実にただ一筋に,私の青年時代以来,私の心は激しい奔流のように,私は私の周辺にその中へと民衆が沈んでいくのを見た悲惨の源流(貧困)をせき止めるという目標に向かって沸き立っていた。」(『白鳥の歌』)という言葉からも伺えるようにペスタロッチーの教育活動の究極的な目標は,民衆が陥っている貧困の源泉をせき止めることであった。そのためにペスタロッチーはそれまで富裕層や上流階級のものであった教育を貧民や民衆の子どもたちに対して初めて実践し、教育を通じて自活する能力を身に付けさせるなど子どもたちの人格形成を含めた組織的な教育活動を展開した。その功績により現在においてペスタロッチーは「民衆教育の父」であると称えられ、日本の学校教育理論においても大きな影響を与えている。では日本の学校教育にも大きな影響を与えたペスタロッチーの教育学とは一体どのようなものなのであろうか。
     ペスタロッチーの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。