ブルーナーのレディネス観による教育への影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,750
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児教育を学びはじめ、度々登場するブルーナー。さまざまな名言を残している彼に魅力を感じ、この設題を選択しました。
    まず、ブルーナーはどのような人物なのか調べてみました。ブルーナーことジェローム・シーモア・ブルーナーは1915年に生まれました。彼はアメリカの心理学者で、特に教育方法の研究に力を入れ、教育心理学者として、発見学習の提唱者であり、教科の構造化の提唱者として知られています。1947年ハーバード大学で動物心理学の学位を取得し、欲求や動機付けが近くに影響を及ぼすことを示す一連の研究をおこない、ニュールック心理学を主導しました。1959年、教育改善のウッズホール会議では議長を務め、その実績を『教育の過程』にまとめ出版しました。1972年からは、イギリスのオックスフォード大学の教授を8年間務め、乳児発達の研究をしました。その後アメリカに戻り、文化心理学の研究を進めました。また、ピアジェによる構造主義と、ヴィゴッキーによる機能主義、そしてブルーナー自らの直観主義を合わせ、認知発達心理学を創りあげ、『学問分野の垣根の破壊者』と呼ばれました。1986年には人間心理学へ貢献したことに対し、国際..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。