児童文学 グリム童話について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数730
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子どもドイツ文学大学家庭出版童話自分

    代表キーワード

    児童文学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    童話は、子どもの想像力を刺激します。そして、話の中に入り込み、胸をドキドキ、ワクワクさせて聞き入るものです。幼児の情緒を豊かにするには、童話が必要です。私は、『白雪姫』が好きでした。この白雪姫は、ディズニーランドのアトラクションにもなり、知らない人はいないというくらい有名なお話です。これは、グリム兄弟によってまとめられたグリム童話のひとつだと知りました。もっとグリム兄弟について知りたくなり、調べてみました。
    グリム家は、9人の子どもに恵まれましたが、成人したのは6人でした。グリム童話の著者は、次男のヤーコプ・ルートヴィヒ・カルル・グリム、三男のヴィルヘルム・カール・グリム、挿絵担当、末弟のルートヴィヒ・エーミール・グリルです。父親が裁判官を務めており、裕福な家庭で育ちましたが、幸せは長続きせず、1796年に父親が病死し、そその後の生活は激変し、ひっそりと暮らしていました。
    1798年、ヤーコプとヴィルヘルムは親から離れ、日本で中高一貫校にあたる9年制のギムナージムに入学しました。二人は勉強熱心で在学年数より早く進級し、成績が極めて良かったので、国王の特例で大学進学を認められ、マールブル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。