小児保健 風邪症候群の予防と看護について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数546
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども看護免疫原因方法生活自己神経病気小児科

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    風邪と一言で表現できますが、さまざまな症状が起こります。『風邪は、呼吸器の症状を主とする感染症』という定義が広く受け入れられています。風邪の症状は、鼻や口から侵入する病原菌のため、その後に起こる免疫反応のことですが、中には、ウィルスや細菌に感染せず、温度差の刺激やアレルギーが原因で起こる非感染性のものもあります。主な症状は、鼻水、鼻づまり、咳、喉の痛み、頭痛、発熱、時には嘔吐、下痢などが起こります。風邪の原因となる病原体は、数百種類もあるとされており、小児は、病原体に対する免疫記憶が少ないため、風邪にかかりやすいのです。風邪にかからないようには、どうすればいいのか。もし、かかってしまったら、どう対処すべきなのかを考えてみました。
    風邪の諸症状について考えてみます。ライノウィルスによる風邪は、鼻風邪といわれ、鼻水、鼻づまりが起こります。そもそも鼻水は、鼻や喉に付着した病原菌を殺菌して洗い流そうとする、自己防衛策ですので、少々の鼻水は気にしないほうがいいのです。ですが、鼻づまりで苦しそうなとき、まだ鼻をかめない乳児は、鼻水を吸い取るためのスポイトなどで吸い取ってやり、幼児であれば、片方の鼻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。