幼児理は、教育をすすめるのにどのような効果があるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数307
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども幼児発達保育評価理解指導子供保育者調査

    代表キーワード

    保育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児理解は、教育を進めるのにどのような効果があるか考えてみよう。
    幼児教育とは、幼児期が人間形成において基礎となる大事な時期であることを念頭に、幼児の成長や発達を助成する外からの働きかけといえます。この幼児教育を実施するには、どのように理解するべきなのか、理解することでどのように発展していくのか考えてみました。
    幼児理解の方法として、調査法、観察法、面接法、評定法、検査法があります。調査法とは、生まれてから今日までの生育経歴について、住所や連絡先、両親の情報、幼児への期待や園への要望、しつけ方針、通園条件などの生活環境について、性格や長所、短所、才能などの個別的特性について保護者に記入してもうらものです。幼児への期待や園への要望、しつけ方針、個別的特製は人により感じ方の誤差があり、変動するので園でも調査する必要があります。
    園での調査には、観察法が役立ちます。保育中の幼児の姿と観て、発見したことや疑問に思ったことを記録するもので、いつでも場所を選ばず、簡単に行えます。園庭でドングリを集める子がいるとします。これを『○ちゃんはドングリ集めしているな』と見るのと、『今日も○ちゃんは、ドング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。