日本国憲法における平等規定について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数286
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平等とは、人によって差別をしないことです。このような人間の平等の観念がどのように生まれたのか。そしてわが国の憲法ではどのように規定されているのか興味を持ちました。歴史の流れをたどり、平等原則をまとめてみます。
    人間の平等についての考えは、ギリシャ時代からありました。しかし、これは奴隷制の存在を認めた同一身分相互での平等でした。中世ヨーロッパの封建社会にも平等の観念がありましたが、やはりこれも「神の前における平等」とされ社会的身分制度の不平等は、神の意思によるものとされ肯定されていました。18世紀後半になると、これまでの身分制度をなくし自由な社会をつくろうとしました。アメリカ独立宣言やフランス人権宣言で「全ての人間が生まれながら平等である」という絶対的平等観が生まれました。経済活動の機会を平等に与えようとする「機会の平等」は、初期条件は平等ですが競争の結果生じた格差である「結果の平等」までは保障しないというものでした。つまり、個々の能力や業績で生じる差異は、自己の責任とされていて完全なる平等とはいえなかったのです。その後20世紀に入り資本主義が発展すると社会的、経済的な不平等が増し、貧富..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。