健康づくりのための食生活 食育について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,072
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ライフスタイルが多様化した今日の「食」は、日本人の古き良き和食から欧米化し、オムライス、パスタなど横文字の料理名が多く見られます。そして、女性の社会進出により働く母が増え、外食や加工食品、惣菜の利用などで食事の簡便化も進んでいます。その結果、体の調子を崩し、病気に陥ることが多くなっています。かつては加齢によって発病すると考えられていた成人病ですが、現在では悪い生活習慣が原因で発病することが分かり、名前も新たに生活習慣病と呼ばれています。生活習慣病は、大人だけではなく、子供にも発症しています。幼児の4人にひとりの割合でアレルギー性疾患があり、疲れやすい子供が増加するなど心身にかかわる問題が多発し、ライフスタイルの見直しが急がれています。
    「食」という字は「人に良い」と書きます。字のごとく、元気の元、健康の源、この大半は食が占めているといえます。食生活を改善することで生活習慣病を予防しようと、文部科学省、厚生労働省、農林水産省が合同で、望ましい食事について書かれた『食生活指針』が発表されました。その後、食生活指針をより具体的に、実践しやすいために『食事バランスガイド』が作成されたり、さま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。