望ましい保育者の資質

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,769
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    望ましい教師の資質と条件はどのようにあるべきかを述べよ。
     子どもは日々成長し、発達します。教育は子どもの成長、発達を援助する営みなのです。どうのように子供を理解し、どのように環境を作り上げるかで教育感は大きく異なります。私が今から就こうとする幼児保育、教育者としてどのようにあるべきか考察しました。
     教育思想の始祖、コメニウスが「人は幼少の時期においてこそ、最も陶冶される」「若樹が熟してしまわないうちに行なわれなければならない」と説いています。乳幼児期の成長、発達は、人生で最も著しい時です。この時期に人格の基礎も完成に近づきます。コメニウスやルソーを始めとする教育思想家が重視するように、とても大切な時期なのです。この時期の子どもたちの保育、教育に携われる喜びを感じ、この仕事に誇りを持つということが第一条件であるべきです。
     常に子どもの目線で、一緒になって遊べることが大事です。子どもはおどけたり、ふざけたりするのが大好きなのです。日本語でこの二つの言葉を聞くと、悪いことをして感じがして、不真面目で言うことを聞かない人というイメージがあります。ですが、英語に訳すとjoke、funny、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。