法社会学(4000字用)のレポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数3,096
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
    1 あなたの身近に起こった法的「もめごと」を1、2件選び、その過程を法社会学的観点から記述・分析しなさい。
    2 現代日本における政治的、社会的対立であって、法的論点を含む事例を1つ選び、その原因・展開・結果を法社会学の観点から記述・分析しなさい。
    (解答)
    (設問1)学校におけるいじめ問題について
    2006年10月、前年に自殺を図った北海道滝川市の当時小学6年生の女子児童の遺書が全国版の新聞に報道されたことをきっかけに、学校におけるいじめの問題に、にわかに注目が集まり始めた。
    我が国において、学校におけるいじめが社会問題として認識されるようになったのは、1980年頃からであり、過去2回、1980年代半ばと1990年代半ばに大きな論議が起こっている。このため、今回の状況を「第三のピーク期」あるいは「第三の波」と呼ぶ論者もいる。
    さて、冒頭に述べた「いじめ問題」は、2006年10月1日の読売新聞に掲載された記事から始まった。この記事は、前年9月に自殺を図った女児(翌年1月に死亡)が、学校や友人あての遺書で「いじめ」を訴えていたにもかかわらず、市教育委員会がいじめに関する記述を隠し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。