労働法①(2000字用)レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数394
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営子ども企業介護法律労働家族契約権利雇用

    代表キーワード

    経営

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
    ⑴配転命令はどのような場合に有効とされるか
    ⑵X会社の従業員Aは、10年前、XのY営業所の開設にともないY営業所で採用された。この度、XはY営業所の事業縮小を理由にAに対して遠隔地のZ営業所への転勤を命じた。Xの就業規則には、「業務の都合により従業員に配転・転勤を命じることができる」旨の定めがある。Aには、パートで働いている妻、小学生の2人の子ども、病弱な母親がいる。AはY市で生まれ、3年前に家を新築しており、転勤について考えたことはなかった。現状では家族を伴って転勤することは難しい。また単身赴任をすると妻に相当負担がかかることが予想される。Aは転勤に応じたくない。本件転勤命令は有効か
    (解答)
    1.設題⑴について
     一般に企業は経営政策として、適正な人員配置を行うために、同一事業場内での人事異動、および異なる勤務地での人事異動を行う。前者を配置転換といい、後者は転勤といわれる。両者は法律上の配転にあたる。
    この配転とは、従業員の配置の変更であって、職務内容または勤務場所が相当の長期間にわたって変更されるものをいう。
     配転は一次的には、適正な人員配置など企業の経営の効率化の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。