日本社会システム論【経済学】(4000字用)レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数604
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
     「経済成長」とは何だろうか。経済はなぜ成長するのだろうか。日本経済はかつて「高度経済成長」を誇っていましたが、今ではほとんど成長していません。どうしてそうなってしまったのでしょうか。その理由を考えてみましょう。
    (解答)
     我々は、国民経済活動の水準を国民所得の大きさで肥えてきた。この国民所得の年々の増加を経済成長という。時には、経済成長と経済の発展または経済の発達とを区別して、前者は、生産要素である労働力や資本蓄積の増加によって、国民所得が増加する場合で、後者は、技術進歩によって国民所得が増大する場合をさす。しかし、我々が一般に経済成長という場合は、後者の経済発展、または経済の発達を含めたものを意味する。
     経済成長の速度を表すには、成長率という概念が用いられる。いわゆる経済成長率とは、国民所得の年々の増加率をいい、物価指数が考慮されない成長率を名目成長率、物価指数で除した場合を実質成長率という。
     では、経済成長は、一体何によってもたらされるか。これを推進させる経済的要因としては、資本蓄積、資源、労働人口、有効需要の大きさ、技術的進歩などがあげられる。これらの諸要因に促..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。