生命現象論【生物学】(4000字用)レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数665
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
    生体内における糖分の代謝・・・とくに人間においての分解と合成について。
    (解答)
     始めに、糖分の代謝を述べる上で、生体における細胞の構成成分は、原形質と後形質とからなり、原形質が細胞の基礎となる。この原形質には、水分・蛋白質・脂質・糖分その他の有機物、無機物からなり、その構造体は原形質(細胞質体)と核からなる。その細胞質体には、全ての細胞の外側にある膜、つまり細胞膜とその膜の中にある細胞質基質、また、その中にある細胞質顆粒体がある。細胞膜は、水・炭酸ガス・アンモニア等は通すが、その他の物質については透過性が低く、細胞内外への吸収排出には特殊な機能をもち、また電気的にも正常時には、外部は+、内部は-に帯電しており、特定時(外部からの刺激等)には、その分極は消滅する。つまり、神経細胞の興奮伝達や筋肉細胞の収縮運動に深く関係している。また神経質基質は、細胞膜内で細胞質顆粒体の核の間を満たす液体成分の総称で、内容物は多数の酸素やその他の成分が含まれる。その細胞質基質の中にある細胞質顆粒体は、系粒体(ミトコンドリア)・色素体(葉緑体=植物)・小胞体・リソゾーム・ゴルジ-体・中心体の総..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。