人間論【心理学】(4000字)レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数1,210
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験社会幼児問題人間記憶学習生物課題生命

    代表キーワード

    心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
    欲求と欲求不満について述べなさい。(2000字程度)
    記憶の過程について述べなさい。  (2000字程度)
    注)文中には以下の用語をそれぞれ一度以上使用すること。
      短期記憶・長期記憶・再生・再認・忘却
    抑制・系列位置
    (解答)
    1.まず、欲求について述べる。私たちの抱いている欲求は、実に多くの種類があるが、これを大きく分けると、「一次的欲求」と「二次的欲求」に分けられる。一次的欲求は、すべての人間に共通の生命維持に必要な基本的欲求であり、睡眠の欲求、危険や苦痛の回避欲求などがある。これらはいずれも、個体を維持し、健康を保つための欲求であるが、種の保存のための性的欲求も含む。この一次的欲求は、人間のみではなく動物にも認められる。これは、習得されたものではなく、生得的行動であるから、「本能」として理解しようとする見方があった。「本能」という概念は、あいまいであるため用いないとしても、人間や動物に具わっている生得的行動の型(パターン)があることは否定されていない。生得的行動パターンに関する研究が進むにつれ、「本能」を説明概念としてではなく、便宜上の記述概念として、用いようという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。