社会保障法(2000字用)レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数487
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (設題)
    生存権と社会保障についてまとめなさい。
    (解答)
     日本国憲法25条1項において、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と規定されている。これにより、国民には生存権が保証されていることを示すものであり、すなわち、人間らしい最低限の生活を営むことを国家が認めているのである。
     実際には、国家がそれを保証するにはどうしているかが憲法25条2項によって定められている。「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とある。これを基本として、①社会福祉、②社会保障、③公衆衛生に対する法律が生まれている。
     これらの法律は、すべて生存権を保障するために制定された法律であり、また、理念を持つものであるため、これらを総称して、社会保障法と呼ばれるようになったのである。
     では、法律を作って、どうするのであるのだろうか。深刻な病気や怪我で生活ができないときは医療が必要である。病気や怪我をしないように保健が必要である。失業や歳をとって働くことができなくなったとき、何が必要であるのか。さらに、歳をとって老後生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。