国語科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数271
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(P.
    142~170)の児童の発言を考察しなさい。
    1.教材観について
     「やまなし」は、宮沢賢治の独特な造語や比喩表現などが使用され、象徴的・幻想的な作品である。その言葉の一つ一つからいろいろな想像が広がって、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像することが可能で、児童にはぜひ読ませたい作品である。「やまなし」では、冒頭に書かれている「二枚の幻灯」という言葉によって、「五月」と「十二月」の2場面に分けることで対比的な構造を取った文書構成となっている。
    そのため指導にあたって、表現や言葉などを検討し、児童が変化や動きを感じて情景をイメージできるような授業展開が必要になる。その展開方法としては、児童一人一人の感じたことから想像を広げ書き出し、発表し、話し合うといった形が適していると思われる。また話し合いでは、児童同士がお互いの意見を話し聞き比べることにより「どちら正しいか」ではなく、自分の感じたことと総合することによって、場面の情景や人物の様子などを、より豊かに、より深くイメージを作り上げることが可能であると考えられる。
    第2節 単元の目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。