教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数406
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     近年、学校教育の現場では、単に児童・生徒に勉強を教えるだけに済まず、教師自身がなんらかの生徒との関係を作り、理解を深めていることなしには、教えること、授業そのものが成り立たなくなりつつある。その背景には、社会が複雑化するにつれて、教育の問題が学校、家庭、社会を問わず大きくなり深刻化するようになってきたことがある。教師による教育相談の担う役割も増して、生徒に対するカウンセリング的な対応が求められている。いま教育現場のカウンセリング、学校カウンセリングの必要性が高まってきている。
     学校カウンセリングとは、単純に言えば「学校で行われるカウンセリング」である。それは誰が行うのかというと、大部分が教師によって行われる。教師は、ある時はクラスの担任として学級を運営し、日常的な指導を行い、統制し管理しつつ、成績の評価をつける。その一方で、カウンセラー的役割を担い、子どもたちのさまざまな悩みや相談を汲み取って、受容し共感することによって問題の解決をはかることを求められている。いじめや不登校、学級崩壊などの問題への対応や予防のために..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。