教育学入門 1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数487
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育」を表す言葉(漢語・邦語・英語)の語源の
    うち最も興味をもったものを一つ選び、それと関連
    させて、あなたの教育観を述べなさい。
     「教育」を表す言葉の語源で私が興味をもったのは英語の“education”である。漢語・邦語・英語のいずれの言語でもそれぞれの文化が発展していく段階で「教育」という概念が発生し、確立され発展していっている。その中でも“education”は時代の流れとともに語義を変えてその時代に合った意味を獲得していることが残された文献からみてもわかりやすく興味深い。
     英語の「教育」の意味にあたる“education”はラテン語の“educare”を語源とし、本来、植物や動物を「育てる」という意味から由来しており、その後、子どもを養い育てる「養育」の意味で使用されるようになり、しだいに現在の「教育」の意味へと変化していった。OED(オックスフォード大英語辞典)で調べると時代に応じてその用法が変化していく様子がよく見て取れる。最も古い用法では「子どもあるいは人々、動物を養い育てるプロセス」とあるようにラテン語の意味に近いことがわかる。16・7世紀には「マナーや習慣のし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。