学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数315
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、
    今日的課題についてまとめなさい。
     いま教育現場では、子どもの学力低下が唱えられ大きな社会問題となっている。多くの学識者が指摘してきた「学力の二極化」現象を、現場教員の多くが実感している。勉強がついていけない子が増えたという意見の一方で、子どもたちの「学び」が今までのものと内容や方法において異なり始め、学力の二極化という現状をただ眺めて過ごすしかない現場の教員の姿がある。そして、「勉強しなさい」という言葉が子どもたちに通用しなくなり、学びから逃走させるという結果を招いた家庭教育の矛盾もある。学校教育課程は学習指導要領の内容に基づいており、その時代において社会に求められて改訂を重ねてきた。しかし、その内容はこれらの今日的課題を見ても完成形には達しておらず今もなお変容し続けている。
     教育課程の基準となる学習指導要領は、戦後まもなくGHQ指導の下、民主主義を日本に定着させる必要性を自覚した文部省によって戦前の国家主義教育からの脱却のために制定された。当初その内容は、基礎、社会自然、健康保持、創造的活動の4つの経験領域を組んだ読み・書き・計算..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。