教育心理学1合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数111
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学情報教師心理発達生徒学習授業理解学力

    代表キーワード

    教育心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    日本の教育基本法第一章一条に“教育は人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない”これが教育の目的であると示されている。この教育の目的を達成するために教師は教授場面で、生徒がその科目を理解しているのかを把握する必要性が出て来る。
    理解力とは何か?またどんなプロセスを持ってそれを把握することができるかを考えてみる。
    理解力とは?
    知能の面
    知能の意味:
    知能は日常用語では頭が良いことを意味する。しかし心理学の用語としては次のように考えることができる。
    ●抽像的能力:抽像的思考を可能にする高度な精神的能力
    ●学習能力:様々な学習を可能にする
    能力
    ●適応能力:環境への適応を可能にする能力
    ●操作的定義:知的検査で測定される
    能力
    知能の構造
    ●因子説:知能を構成する能力がすべてのテストの共通した一般因子とテストことに異なる特殊因子からなると考えるもので、スピアマンの2因子説、サーストンの多因子説、ヴァーノンの階層群因子説と発展された。またギルフォードの立体構造モデルでは入力情報である内容に何..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。