日本仏教史1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数771
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本仏教国家思想実践天皇研究独立学生活動

    代表キーワード

    仏教日本仏教史

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    奈良時代の仏教の特質を論ぜよ
      いわゆる奈良仏教というものは、飛鳥・白鳳時代から奈良時代にかけて発展を遂げたものであり、聖徳太子の思想をうけ、鎮護国家の経説・儀礼として栄えたものである。
      さて、この鎮護国家というのは,仏教によって国家を鎮め護ることを指すのであるが、例えば、『仁王経』『金光明経』『法華経』という経典には、これらの経典を受持する国家は災厄を免れ、繁栄すると説かれているのである。国家から官人に準じる身分的特権を与えられた官僧・官尼は、こういった鎮護国家の教説の研究をしたり、鎮護国家の儀礼の際には経典を読誦すること、病気治療などの呪術に従事したりすることが義務づけられていたようだ。官僧・官尼は,聖武天皇が国ごとに建立した国分(僧)寺・国分尼寺という寺院に配属された。そこで、『金光明経』 『法華経』などの鎮護国家のためのお経を読誦した。また聖武天皇は、東大寺に(毘)盧遮那仏(「びるしゃな」ってのは梵語で太陽のこと)の大きな金銅大仏像を造立した。一般に言う奈良の大仏である。ちなみに現在重要文化財クラス以上の建物で最大のモノが東大寺である。
      さて、この時代で最も有名な僧侶..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。