法律学概論2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数229
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども医療法律問題家族脳死医学技術権利責任

    代表キーワード

    法律学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について
     
    現代における医療と法の関係を論じる場合、大きく分けて二つの側面からアプローチすることができる。
    まず、第一に医療における患者の権利の確立に関する諸問題である。従来の医療は恩恵的・権威主義的色彩を帯びており、必ずしも患者の立場に立ったものではなかった。近時はこの点の反省の上に立ち、医師と患者の関係を権利義務に基づいた関係に変えていくことによって、適切な医療を確立していこうと動きが顕著である。例としては、患者の自己決定権の承認や、医師の医療過誤責任を追及する訴訟の増加などが挙げられる。第二は、近時の医学の急速な進歩により生じてきた一連の問題である。医学の急速な進歩は、従来では予想できなかった数多くの可能性を生み出し、人間の誕生や死亡をも医療技術によるコントロールのもとに置きつつある。体外受精や、クローン技術の向上、また、脳死や臓器移植問題などが例として挙げられる。
    患者の自己決定権とは、医療過程における主体的な地位が患者に認められる、ということであり、インフォームド・コンセントが十分成り立った上で、診療上の重要な決定事項についての最終的判断は患者がなし得る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。