生徒指導・進路指導の研究(中・高)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数333
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     中学・高校における生徒指導の原理とは何か。またその際に留意しなければならないことは何か、説明せよ。
     生徒指導は教科の教育とは異なって、ある特定の価値を直接的に追求するものではないという考え方と、生徒指導も直接的に教育目標達成に関与するという、相反する考え方がある。しかし教育は教科教育の領域や、特別活動の領域など、一つ一つの指導領域を明確に区別できるものではない。それら全ての要素が効果的に連携し機能することによって教育の目標が達成されるとしたら、生徒指導は教育の全般に関与する活動であって、教育そのものといっても大きな誤りではないのである。
    テキスト14ページに生徒指導の原理について4つあげられている。一つ目は自己指導の助成のための方法、原理である。これは、欲求や情緒を直接的に行動につなげる自発性、目的に沿って行動を規制し節度あるものにする自律性、人間関係において相互に権利の主張と義務の遂行を可能にする自主性である。具体的には、自分が野球部に入ろうと思った場合にまず、入部届けを出さなければならない。入部するかどうかはいろいろな人に相談したとしても、結局は自分の意思で決定するということを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。