教科教育法社会1  第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数462
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学校社会科の各分野のうち2分野を取り上げて単元と本時を設定し、その授業の学習指導案を作成しなさい。
     
    社会科学習指導案
    指導日時:平成20年9月19日(金曜日)第3校時
    指導学級:2年A組(男子10名女子11名 計21名)
    授業者:岩本 宏
    教材観:この単元では武士が初めて中心となって、政治を行うのであるが、幕府はどのようにして武士をまとめていったのか、また、武士の時代に行われた新しいことは何なのか、そして、どのようにして衰退していったのかを、系統的、かつ、論理的に学習する。同時に民衆の暮らしなどの変化にも着目しながら、学習を深めていきたい。
    生徒観:クラスは教員が話をしているときには、声を出したり離席したりする生徒はおらず、落ち着いた様子で授業は進んでいく。生徒は素直であるが、生徒からの反応は全体的に少なく、挙手をする生徒も一部であるし、指名しても小さい声でしゃべり、はっきり答える生徒が少ない。また、生徒間の学力に差が大きく全部の生徒に満足の行く水準の授業をすることが難しい。
    ⑥指導観:指導に当たっては、こちらから説明、答えを一方的に与えるのではなく、時にはブレーンストーミングの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。