教育方法学1

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数310
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計、ならびに評価についての留意点を述べよ。
     現教育課程には4つの学力がある。一つ目は、基礎的な学力A、これは「読み、書き、計算」といった教科書などの学習の基礎になるものである。さらに、子供たちの将来の社会生活(たとえば仕事、日常生活、余暇など)の基礎となるものである。二つ目は、基礎的な学力B、であり、学習指導要領で明示されてある目標と内容に基づく教科などの学力である。三つ目は、発展的な学力である。これは。学習指導要領の範囲内に収まらないで、それ以上の内容にチャレンジするものである。四つ目が実践的な学力であり、これまで学習したこと、培ってきた学力を踏まえながら、現実の社会課題や自分自身の問題を発見し解決していこうというものである。
    この4つの学力はさらに「基礎的な学力」と「新しい学力」に分類される。前者は前述の一つ目と二つ目、そして、三つ目の一部にあたるものであり「伝統的な学力」と呼ばれる。後者は三つ目と四つ目にあたり、文部科学省がいう「生きる力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。