教育相談の研究

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数284
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法
    および今後の課題について
      カウンセリングという言葉は、「相談」という言葉と同義で使われてきた言葉である。たとえば、近所の住人、奥さん同士が自分の息子の反抗期について井戸端会議の延長上で相談した場合もカウンセリングになるであろうし、最近は何かとカウンセリングという言葉が使われている。化粧品の販売の際にもコスメティックカウンセリングなどという言葉が使われている。確かに、一昔前は誰かの相談を受けるものは少ないし、それを専門に行う職業はなかった。強いて言えば、お寺の住職さんや神父さんがそれに当たるのであろうが、そのような人もそれが本職というわけではない。しかし現在では、社会構造の複雑化に伴い、人の悩みも複雑化し、それに対応するものとして相談を専門的に受ける、カウンセラーが登場している。児童・生徒たちにも心の問題が複雑化しており、また深刻化している。そのような中で学校カウンセリングという言葉を聞くようになった。
      テキストによれば悩みの種類は大きく3つに分類されるとしている。一つ目は生きていくうえで誰しもがぶつかる問題であり、それの関わっての悩みである。進学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。