教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数252
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何か、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するか延べよ。
      テキスト第2章第2節によれば、学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。これまで日本では学歴社会という言葉はあまりよいイメージで使われることがなく、「テストで良い点さえ取れればよい」、「偏差値での輪切り」のように、うわべの勉強、机の上での勉強ができるだけで、人間性は乏しいというステレオタイプをもって用いられることが多かった。実際に、一流大学出身者が、汚職、セクハラがマスコミに取り上げられると、「高学歴なのに」という言葉を耳にする。高学歴だから、道徳心もモラルも人以上にあって当たり前、という隠れた言葉があるようだ。もちろん高学歴だから倫理・道徳的なものが欠損していいとは思わないが、低学歴であれば仕方がない、というようにも聞こえる。
      学歴社会を語るには、日本において学歴を使って人間の何を測定しているのか、これまで「高学歴であること=どんな人物であるのか」、そしてこれからの「高学歴であること」ということをはっきりさせなければならな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。