教育原論1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数404
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達経済社会学校文化課題道徳地域幼児

    代表キーワード

    教育原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について
     ⇒ハヴィガーストは次のように述べている。発達課題は個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるものであり、その課題の解決に成功すれば、個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になっていく。発達課題の概念が教育者にとって役立つ概念は2つあり、一つ目は学校における教育目標を発見し設定することを助ける点にある。二つ目は教育的努力を払うべき時機を示す点にある。身体の成熟し、社会が要求し、自我が一定の課題を達成しようとするときが、適時である。この時機を間違えると教育は無駄なものとなるが、正しい時期に行うと満足すべき成果が得られるのである。
    ハヴィガーストの人間の発達課題の特色は、人間の生涯のある時期だけを取り上げているのではなく、生まれてから死ぬまで、つまり幼児期から老年期までの人間の一生の成長・発達を単なる自然的な課程として見ないで、個人が本来いろいろな課題を持っており、その課題を果たすべく成長・発達をしているという見方をしているということである。その課題はそれぞれの時期に固有のものであり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。