施設で用いられる個別援助技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数637
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     施設で用いられる個別援助技術(ケース
    ワーク)について述べよ。
     ケースワークは、ソーシャルワーク技術の基礎的・中核的技術として、利用者の生活課題の解決を個別に援助する方法として洗練されてきた。個人の抱える生活上の困難を解決・緩和するために、専門ソーシャルワーカーと利用者の間に形成される専門的援助関係を軸にして、広く「個人と彼を取り巻く環境との間の相互関係を構成する社会関係に焦点を当てた活動によって社会的機能を強化する」(W.ベーム)、あるいは、システム論の立場から「①利用者、②ワーカー、③ケースワークの目標、④ケースワークの関係、⑤社会資源の五つのシステム間の相互作用を用いる援助」(小松)と定義している。
     個別援助技術の代表的は原則には、「バイスティックの原則」がある。
    ①個別化の原則:相談に訪れる人は、一人としておなじ状況ではない。一人一人を個別に理解し、対応することが重要である。
    ②受容の原則:相談に訪れる人の話に耳を傾け(傾聴)、気持ちを受け止め(受容)、理解することが重要である。それにより、相談に訪れた人は心が安定し、自ら問題解決に向う気持ちや力がでてくる。
    ③非審判的態..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。