養護原理1doc

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数486
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    施設養護の機能と内容について述べよ。
    児童養護施設は、児童福祉法代41条において「乳児を除いて、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする施設」とかかれている。つまり、親自身の病気や経済的理由、そして親からの虐待など、何らかの理由で家庭生活を続けることが困難となった子どもたちが利用する入所施設である。  利用する子どもの年齢は、おおむね1歳過ぎから18歳までだが、特別の理由や条件が整えば乳児から20歳までの子どもたちが利用できる。つまり、児童養護施設を利用する子どもたちにとっては、 "もう一つの家"ともいえる。
    施設の数は、全国に公立、民間の施設が555施設あり、約3万人の子どもたちが生活している。  施設によって規模や運営は異なる。小規模な児童養護施設は、定員30名から、大規模な施設では定員が200名を超えるところまである。  施設の建物も、一つの大きな建物で全員が生活する施設(大舎制)のところもあれば、少人数で生活する施設(グループホーム)を取り入れているところもありさまざまである。
    子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。